震災から2年近い石巻へ先週末に行ってきました。
10年以上前から母子家庭のお母さんたちに子どもが大きくなるまでの繋ぎとして、
副業として在宅就業を支援してきましたが、被災地の石巻でも始まった研修の場で
激励の挨拶をしてきました。

在宅就業の集合研修にて

硯で有名な雄勝地区では、ほとんどすべての家がなくなっていて、未だに町としては
活性化していない状況です。
漁業が盛んだった石巻で水産加工会社を経営していた平塚さんはあの日30人の
従業員を高台へと避難させ、最後に夫婦でそれぞれの車に乗って高台へと
向かったのに、それきり夫人は音沙汰なし。ようやく3日後無事が判明したそうですが、
津波が押し寄せとっさに車を降りたので助かったとか。

体中傷だらけになって、必死で泳いで流れついたところが牛タンのつくね製造工場
だったそうです。今は元気に、1/10になった従業員の人たちと「牛タンつくね」を
入れたおでんをつくってがんばっていると。たまたまたどり着いた「牛タンつくね」を
使って付加価値をつけた商品をつくるなんて
 ガッツのあるご夫人ですね。

「牛タンつくねおでん」美味です!

お土産におでん20袋、サバの味噌煮10袋を購入し、事務所の懇親会で食したらとても美味!
どちらも日本酒に最高でした!!
まだまだ大変でしょうが、がんばって欲しいと願わずにいられません。

★☆ 石巻の平塚さんのお店のご紹介 ☆★
味のやま徳 (山徳平塚水産株式会社)
http://www.yamatoku-h.com/pc/
おでんもサバの味噌煮も発送してもらえます。 

石巻のおでん