昨日、円スタジオにビギナーズネットの野口景子さん(弁護士)、萱野唯さん(前代表)、
竹崎祐喜さん(学生代表)、山岸加奈さん(学生)をお招きして、
「司法修習生 給費?貸与?」 について語り合いました。

左から、円、野口さん、山岸さん、竹崎さん、萱野さん

youtube ↓ ↓ から観れます。
http://www.youtube.com/watch?v=0-uOxuCZ83k

ビギナーズ・ネットは司法修習生の給費制を復活させるための大学生、
ロースクール生・修了生、司法修習生、若手法律家のネットワークグループ。
現在、会員2,300名以上いるそうです。
http://www.beginners-net.org/

法律家になるには、司法試験合格後、1年間の修習期間(義務、兼業・兼職禁止)が必要。
公務員に準じた身分でありながら、2011年11月より司法制度改革の一環として司法修習生の
給費制が貸与制に移行しました。

現在の司法修習生は、学生時代からの奨学金も含め、平均350万の負債があるそうです、
多い人になると、修習生どうしが結婚し、2人合わせて、2000万近い負債
(ちょっとした家が買える。。。) を負っている人もいるそうです。

昨年、母子家庭の母から子どもへの貧困の連鎖を食い止めるには、どのような支援を
どのようなタイミングで行えばいいのかの、アンケート調査を行いましたが、
母子家庭の子どもには、弁護士になりたいと思っている人も多いのですが、
経済的理由で断念している人も沢山います。

志をもった若者が経済的な理由で断念しなければならない、また、社会に出た瞬間に
大きな負債をおわなければならないことはとても残念で、少子化問題といいながら、
若者にとってとても厳しい状況です。

「人を守り、人を育て、人を活かす」ことのできる社会を目指すためにも、
私も少しでも若者の力になりたいと思っています。

一緒にがんばりましょうね!!

円テレビ対談 第4回 「司法修習生 給費? or 貸与?」