大泉高校の大先輩の片山隆さんと、妹で神仏画家の片山景空さんの
「兄妹二人展」に行ってきました。

お兄さんの水彩画はお人柄のとおりとても温かく、会社退職後に
描き始めた素人とはとても思えないものでした。
プロの神仏画家として活躍されている妹さんの描く神様の絵は
どれも光々しくてありがたい気持ちになりました。
 
二人展が開催された「ふれあい広場」は石神井公園商店街振興組合が運営していて、
近隣にお住まいの方や街を訪れた人の交流の場になっています。

酒屋さん「いせや」の軒先で「赤オニ弁当」のお弁当をいただきました。
赤オニ弁当の盛り付けは障がい者の方がしています。
ふれあい広場の仕掛け人のひとりである、いせやの店主鈴木さんは障がい者雇用促進や
東北復興支援、地域活動に精力的に取り組んでいます。
 障がい者の就労支援の課題について、鈴木さんと赤オニ弁当スタッフの比嘉さんと
とても有意義な意見交換ができました。

鈴木さんもメンバーの「おふくろの会」という地域の女性の会では英字新聞を
リメイクしてバッグを作って販売する活動をしています。
ワインを入れたりちょっとした荷物をいれるのにぴったり。
すばらしいアイデアと手作りの温かさがあってとても素敵で、
私も10個購入させていただきました。といっても5個で200円と、とってもお手頃なんです。
( 今はいせやだけで販売しています。)

ステキなバックでしょ!
こういう方たちの頑張りを、政治がどのように支援できるか、すべきなのか、
もっともっと考えていきたいと思います。

☆いせや・・・練馬区石神井町3-17-12 電話:03-3996-0084
☆赤オニ弁当(こちらからチラシをご覧いただけます)

    ・・・http://shakujii.info/images/news/pdf/20
5月11日 石神井ふれあい広場「兄妹二人展」に行ってきました