5/13(月)に撮影した円テレビ対談では苛原実さんをお呼びしました!

苛原さんはNPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワークの会長であり、
松戸市の医療法人社団実幸会いらはら診療所の理事長も務め、
今後ますます増加す­る認知症のお年寄りを地域で支える活動をしています。

↓↓NPO在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク HP↓↓
http://www.home-care.ne.jp/

↓↓いらはら診療所HP↓↓
http://www.irahara.or.jp/

Twitterではこんな声をいただきました。
認知症を社会でというのは無理があると母を見て感じてます。
わずか1分前の事も、おぼつかない事もたびたびですし、
自分がいる場所さえ分からなくなります。
家族の支えだけが
頼りですし、家族のない独居の高齢者を一人にしないことです

たしかに認知症を地域で支えるには課題がたくさんありますが、
超高齢化社会の今、認知症医療の現状について今一度考える必要がありそうです。

ぜひ観てくださいね!


「認知症の世界へようこそ―家族、医師、看護師、
介護士などサポートチームづくりのために」

苛原 実 著  ヒポ・サイエンス出版  ¥1,260

 

 

円テレビ対談 第16回「認知症を地域で支える」苛原実さん