参院選投開票日から1ヶ月以上が経ちました。
公選ハガキを書いて下さるなどの、ご支援くださったみなさまお元気でいらっしゃいますか。
私は元気です。麻生発言や集団的自衛権行使の容認に向け憲法解釈を変える動きが
出るにつけ、へこたれてなどいられず、又がんばらなきゃと思っています。

ライフワークである母子家庭の雇用促進や森の長城プロジェクトもさることながら、
20年来続けてきた「女性のための政治スクール」の第19期を11月から始めます。
憲法・原発・社会保障と税など、しっかりと議論できる仲間を増やしたいと思っています。

それに先立ち、スクールOG有志16人で軽井沢合宿を行いました。
(8/31(土)~9/1(日))

有志16名のみなさんと意見交換

自己紹介+江端貴子前衆議院議員による「社会保障と税の一体改革はどうなる」、
私 円より子(スクール校長)の「これからの日本を考える」。
そして、全員での意見交換。みっちり4時間の研修後は楽しく食事。
そして再び夜の8時から12時まで意見交換第2弾。これは、ワインを飲みながら。。。

安全保障・シリア・ヘイトスピーチ・パリテ法・民主党は民意を取り戻せるか等々、
話題は尽きず。

性別、年齢を越え多様な価値観を持つ人々を巻き込みつつ、平和な世界を
構築していきたい。

それには旗をかかげなければ。。。
さて、その旗の名はどうすべきか。
多いに議論し、それぞれ宿題を持ち帰った合宿でした。

集合写真

日本各地から集まってくれた、16名の有志のみなさんに感謝。
仲間って本当にいいものです。

8/31(土)~9/1(日)女性のための政治スクール合宿in軽井沢