遅すぎる感があるけれど、ようやく毎日のようにテレビでも
秘密保護法の審議や修正の様子、その問題点が報道されている。

デモや集会も増えてきて、
「なぜ拙速に今国会で成立させたいのか」という声も大きい。

それにしても、みんなの党や維新の会という政党は野党なのだろうか。
それでなくても衆院で自公与党だけで3分の2を持っているのに、
与党の補完勢力になってどうするのだろう。

ただ反対する野党であるつもりはないというけれど、
修正をとって良くなるのではなく、改悪になってしまっている。

これでは数の多さで力を握り、
その間にやりたいことをやってしまおうという安倍政権に対し
ブレーキ役になるどころか、アクセルを踏んで権力の暴走を許している。

巷では「みんなの党も維新の党も終りだね」と言われているけれど、
しっかり野党としての責任を果たしてくれないと、困るのは国民です。

特定秘密保護法