霞が関の現職官僚が匿名で書いたこの小説。
「犯人探し」がされているようだけど、そういうことと無関係に面白い。
というより、権力の底知れぬ恐ろしさに背筋が寒くなる。
とにかく読んでみて下さい。
あっという間に読めちゃいます。

☆★☆ 著書紹介 ☆★☆
「原発ホワイトアウト」(講談社)

「原発ホワイトアウト」読みましたか。