少し雨が降っていましたが、瀬戸内寂聴さんは91歳とは思えない、
人を元気にするパワーをお持ちの方です。

91歳の寂聴さんからすると、76歳なんて若い。
情熱を失った時にふけるのです。いつまでも恋をして、情熱を持ちつづけるのが若さの秘訣!

自分を変えるのは、情熱がないと変えられない。
細川さんも今回自分を捨てて、なんとしても食い止めたいたいという情熱を応援したい。
と、おしゃられていました。

また、寂聴さんが若者に捧げたい言葉は
「恋と革命」どっちも情熱ですね。
寂聴さんはいまだに情熱を持ち続けていて、今は、子どもたちの未来のために、
なんとしても原発も戦争も食い止めないといけない、そのためには細川さんに
東京から日本を変えて欲しいと おっしゃられていました。

1/31(金)中野駅北口 瀬戸内寂聴さん応援演説