昨日、私の新著『女と通貨と政治文化─失われた20年をこえて』(第一法規)の出版を記念して、赤松良子(元文部大臣、日本ユニセフ協会会長)、岩田喜美枝(資生堂取締役執行役員副社長)、紀平悌子(元参議院議員、婦人有権者同盟会長)、下村満子(ジャーナリスト、元朝日ジャーナル編集長)、天滿美智子(津田塾大学元学長・名誉教授)、堂本暁子(前千葉県知事)、樋口恵子(東京家政大学名誉教授)、細川佳代子(認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本名誉会長)の各氏が発起人となって、出版記念パーティーを開催していただきました。 (欠席の天滿氏の名代として津田塾大学の前同窓会会長、江尻美穂子氏が出席) 

パーティーには、約400名の方々にご臨席いただきました。また、参議院議長の江田五月氏、民主党の幹事長代行・参議院議員会長の輿石東氏、民主党国対委員長の山岡賢次氏、菅直人副総理・財務大臣、千葉景子法務大臣、川端達夫文部科学大臣、岡崎トミ子参議院議員らから、来賓として祝辞を頂戴いたしました。ご臨席いただいた皆様方には深くお礼申しあげます。 

樋口恵子氏は、次のような言葉で、7月の参議院選挙における私の再選を出席者に訴えて下さいました。

「ま」さかのとき

「ど」んなときも

「か」ならず

「よ」りそってくれる人

「り」こんの母と子に

「こ」うれいしゃの思いに

これが円より子、政治家の原点でございます。

出版記念パーティーご出席ありがとうございました