21期女性のための政治スクールは2月26日、無事開講式を終えました。
この日は平成28年度予算を知るということで、
財務省、内閣官房、内閣府、厚労省、防衛省から総勢19名の
官僚の方々が沢山の資料を持ってレクに来て下さいました。

国家予算、防衛予算から1億総活躍の雇用、子育て、介護等々、
国として何にお金をかけて、どの問題を解決すべきか、ひいては
どういう社会を目指していくかが予算には現れます。
このレクはその概要を官僚から直接聞くことのできる滅多に
ない機会です。スクール生たちは、それが自分たち国民が望んで
いるものとどの程度合致しているのか真剣に聞き入ります。

そして、「保育園落ちた、日本死ね」の必死の母親のブログや、
老人ホームでの転落死事件などに関わる質問、原発テロの予防等々、
「もっとこういうことに予算を投じては」「市議会議員だが市の目指す
政策と国のものとでこんな差がある」など、具体的な要望も
交えた質疑応答で白熱した時間となりました。

新入スクール生たちは、現役官僚と直にさまざまな質疑応答ができ、
充実した第一回だったと満足げ。毎回官僚の方々も、市民の声を直接
聞くことがなかなかできないので、貴重な時間だと言ってくださいます。

開講式恒例の1分スピーチも、今年はリピーター生に負けず劣らず、
新入生が堂々とアピールする姿が印象的でした。

========○お知らせ○=========

小林節 (1)
アベ政権の改憲に反対する小林節名誉教授

★女性のための政治スクール21期
次回は憲法学者・小林節先生が講師です!
これからの参加、単発受講も可能。円事務所へお問合せください。

・日時:3月26日(土)13:30~
第一部 小林 節(憲法学者)「自民党の憲法改正とアベ政治を斬る」
第二部 経済産業省「社会の変遷と政策」」
・【詳細】http://www.madoka-yoriko.jp/school
全国から現役地方議員や志望者が多数参加しています。
あなた自身が、政治を、暮らしを変えていきませんか?

第一回スクールご報告&今後の受講ご案内