雨の多い選挙でした。選挙カーを使わず、お金をかけない選挙を実践。雨の中を毎日2万歩近く歩いてビラを配布。厳しい選挙でしたが、日に日に駆けつけてくれる人が増え、杉並区民の皆さんからは「無所属は大変だけど頑張れよ」とか「筋を通すのはいいわよ」など、本当にあたたかい言葉をもらいました。

2012年12月の総選挙で党を助けてほしいと言われて、公示直前に東京8区で出馬。以来、5年間、杉並を拠点に活動してきたのは、何としても一強政治を止めたいからでした。憲法や民主主義の手続きを軽んじ、異論に耳を傾けないアベ政権、教育格差を拡大するばかりのアベ政権を終わらせたいと思って活動してきました。

そう思っている人も多かったのに、もりかけ隠しの大義無き解散と国民置き去り選挙の結果は、アベ政権の延命でした。何とも残念ですが、政治不信の中、劇場型政治に流されず、Jアラートと国難という脅しにもだまされない冷静な有権者と多く出会えたことは私の宝物です。供託金を没収される結果となりましたが、友人、仲間と私らしい闘い方ができたことも感謝の念で一杯です。これからも、25年前から続けてきた「女性のための政治スクール」で女性の政治参加を支援すると共に、平和と自由、子どもの未来のために活動を続けてまいります。みなさま、本当にありがとうございました。

IMG_0398

衆院選のご報告とお礼