政治家がダメでも官僚がしっかりしているから日本は大丈夫と長年言われていた。それが今、官僚への信頼は急降下中です。

もちろん、すべての官僚がとは言わない。私の知っている多くの官僚の人たちは本当に頭がいいだけでなく、仕事のできる、付き合っていても気持のいい真面目な人たちだ。慎重な物言い、そつのない態度も、信頼関係ができれば、それは頼母しさになる。

確かに、政権党の議員のいうことは聞くが、野党議員の話は馬耳東風という官僚もいる。まあ、野党議員相手では忖度しても利益がないということなのだろう。それに、超エリートの官僚から見れば国会議員なんて馬鹿に見える。

知識や教養では多くの国会議員が負けるかもしれない。しかし、現場で多くの有権者の声を聞き、その人々の声を背景に作った政策を何とか成立させたいと思う情熱には官僚も心を動かし、共に働いてくれる。

柳瀬さんや佐川さんは加計さんや籠池さんの学校づくりへの安倍さんの情熱にほだされたのだろうか。まさかね。それはやっぱり総理に逆らえなかったということでしょう。

部下に嘘を突き通させて、自分は責任を取らずに平然と「ウミを出し切る」なんていう人をトップにもつと、官僚も辛いですよね。

「ウミはあなただ」と本当は叫びたいのではないかしら。

「ウミはあなただ」と本当は叫びたいのでは