わたしが政治の世界に入ったのは、
女性を取り巻く法律や環境を変え、
だれもが生きやすい世の中をつくりたかったからだ。

20数年前の当時、わたしは、

ニコニコ離婚講座や無料電話相談「離婚110番」、

母子家庭支援「ハンド・イン・ハンドの会」などを主宰し、

家族問題や女性の自立に関する専門家として、草の根の活動をしていた。

プライベートではシングルマザーとして子どもを育てていたが、
仕事の面では本を出版し、テレビや講演活動もさせてもらい、
体力気力ともに必死ながら、なんとかやっていくことはできていた。

しかし。

人生というのはわからないものである。思ってもいない方向に動きだす時がある。

 

細川護煕さんとの出会い

1992年の6月がそうだった。

あの日、日本新党の代表細川護熙さんが私の事務所に来られたのだ。

日本新党ができた時の人々の熱狂は、小泉さんや橋下さんの時を上回るものだった。

たった一人で新党をおこし、既成政党に風穴をあけようと立ち上がった人だったからだ。

それも、藤原家26代細川家18代目の「お殿様」である。

あの時、月刊文藝春秋に出た 『「自由社会連合」結党宣言』の内容は、

それまで「政治なんて遠い世界で、棄権はしないけど、投票したいと党もない無党派層」

といっていい私のような者にとっても胸踊るものだった。

その一部を抜粋してみよう。

 

「荒海に漕ぎ出していく小船の舳先に立ち上がり、

難破することも恐れずに、今や失われかけている理想主義の旗を掲げて、

私は敢えて確たる見通しも持ちえないままに船出したいと思う。

歴史を振り返ってみれば、理想のための船出というものは、いつもそういうものだった。」

 

金権政治といわれ、スキャンダルにまみれていてもなお、

自民党は強固な組織と経済界からの献金で盤石な体制を40年近く続けており、

その自民党を倒すのは難破も覚悟でなければできない時代だった。

 

 

シングルマザーの決意 ~生活者の視点を政治へ

 

私は、”難破することも恐れず、理想主義の旗を掲げて荒海に漕ぎ出す”という、細川さんのそういう生き方にしびれた。

私もそういう人生を歩みたいとあこがれていたからだ。

難破するかもしれない小船に私も乗ってみよう。

 

細川さんと共に、

政官業の癒着を断ち切り、

生活者主権・地方主権の政治を打ちたてよう――

細川さんの勇気と熱意を後押ししなければ。

ふつふつと、熱い思いが私のからだ中にみなぎった。

……とはいえ、当時の私は小学校4年生の娘を抱えるシングルマザーにすぎなかった。

毎日のようにTVにコメンテーターとして出演し、週刊誌や月刊誌に連載があり、講演に走り回っていたとはいえ、しがない物書きでしかなかったのだ。

 

第一、政治の世界に関しては全くの素人だった。

 

「女性をとりまく法律や慣行を変えたい」

少子高齢社会で日本が生き残るには、その頃には既に3割となっていた「標準家庭」に焦点をあてた政治ではだめだと思っていたが、

それだけで政治に参画する資格などあるだろうか。

 

「それこそが生活者の視点です。ぜひ一緒にやってください」

 

こうして、わたしはそれまで縁のなかった政治の世界へと足を踏み入れたのだった。

 

原点となった思いはいまも変わらない。

 

17年間の参議院議員の任期中に、女性や子どもなど、それまで当事者の声が届きにくかった分野で、変えてこられたことも多くあった。
(詳しくは「これまでの取り組みと成果」へ)

しかし、いまだ女性は育児と仕事の両立に悩み、女性の社会的地位は世界でも最も低いランクに入る日本。

働く女性として、シングルマザーとしてやってきた一人の人間として、

また、タブーとされていた「離婚」のイメージを変え、それまでの

窮屈な常識やおかしな制度を微力ながらも変えてきた経験などを、

いまこそ子育て世代や女性たちのために生かしていきたい。

 

*********************

円より子は子育て世代と女性の味方。
こちらの記事も合わせてどうぞ

保育園問題、育児と仕事の両立、わたし達にできるのは

女性の声を政治に届けよう~たとえば連記制の提案~

女性が活躍できる政治の環境づくりを

 

========○お知らせ○=========

☆ 朝日新聞WEB論座 2019年3月~

円より子 好評連載中

 女性政治家が見た! 聞いた! おもしろすぎる日本の政治

☆子ども、女性、市民の声を政治の世界へ届けるため、がんばります!

ぜひ個人献金をお寄せ下さい。

① 口座名:がんばれ円より子クラブ
ゆうちょ銀行 019店 当座 760790
② 口座名:がんばれ円より子クラブ
りそな銀行 参議院支店 普通 0000946

=======================

【Facebook本人アカウント】
「円より子」で検索して、お友達申請お待ちしいます。
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010018330180
【ツイッター】
ツイッター再開しました!フォローをよろしくお願いします。
https://twitter.com/madokayoriko

【メルマガ】

円より子の最新ブログやお知らせをお届けします。
メルマガ登録はこちらから

 

※本記事内容は、2013年10月22日公開《vol.59 『めぐりあえた人たち』 ⑤「人生を変えた人―細川護熙元総理」 》の内容をもとに加筆修正したものです。

「人生を変えた人」~女が政治の世界に入るとき~