5月というのに真夏日になるとか。
8月9月はどうなるのか脅威です。

 

思い出すのは9年前の夏。
母が熱中症で倒れました。その後脳梗塞を起こして・・・。

 

その頃、私は参院選全国比例に4度目の出馬をして落選。

母はショックを受け、横浜から駆け付けてくれました。

「私は大丈夫」と母を帰したのですが、その母が大丈夫じゃなかった!!

選挙に落ちると、すぐに事務所や議員会館の部屋からの引っ越し、秘書さんたちの再就職探しetc. そうそう、落ちると借金取りもとんでくるんですよ(笑)。

自分のことにかまけていたら、母が倒れていた!!猛暑の夏が来るたびに辛い思い出です。

 

また、民主党東京都連会長の時は、必死で東京選挙区から出ている参院候補の応援に駆け回っていました。

がんで闘病、入院中の妹が「病室に泊まってほしい」というので、宿泊の用意をして駆け付けたらその日、妹は亡くなりました。

 

父は、学徒出陣で海軍の飛行機乗りになり、戦後は猛烈に働いていました。
でも、料理も上手かったし、勉強も毎日見てくれ、近くの池で釣りも教えてくれた。キャッチボールの教え方も何もかもスパルタ式だったけれど優しい父でした。

 

しかし、「戦後は終った」と言われた頃から、高度成長期を迎え、親の死に目に会えないほど働くのが、男の美学みたいな世の中だった頃。

その中で成長した私は、そうした美学を具現化してるような父と、そして“マッチョ”な社会に反抗してきました。

 

そんな社会や会社での女性差別が残るなか、自立を志しました。

そして、不幸な結婚を我慢し続けるのでなく、「ニコニコ離婚講座」や離婚相談を開催して、女性が自立して、自分の人生を選び、つくっていくことができるよう、ひいてはすべての人に生きやすい社会を実現したいと必死でやってきました。

こうして離婚や家族、女性の社会進出や自立について40冊近い単行本を出し、テレビや講演にも呼ばれるたび、「仕事より家庭・個人の生活を大切にしようよ」と訴えてきたのです。

 

それは活動をはじめて40年経った今なお、十分に実現されているとは言えません。

むしろ、最近になってまた一段と、Me too運動や、ライフワークバランス、保育園問題、長時間労働の問題が取り上げられるようになり、解決が急務になってきています。

でも、ライフワークバランスを訴えてきた私自身の生活も、かなりの「猛烈人生」だったかもしれません。今でもそうじゃない、と友人からは言われそうです。

 

ただ、料理も洗濯・掃除も嫌いではなかった。
子どもがいたのでやらなければならなかったというのもありますが、
それは仕事の息抜きとしてとても良かったです。

そして子育ては最高でした。
子どもが小さいうちは時間は奪われ、リズムも乱されるけど、それにも耐えられるようになり、人間的に少しは成長したかな。

今、70代に入って、ますます人生を謳歌しています。

少し、のんびりしたらと言われるけど、この国の子どもたちの未来を考えるとのんびりなんてしていられない。

水、種子、食の安全、教育――問題が山積ですもの。

 

100歳まで現役で頑張ります。

 

 

======== お知らせ =========

★子ども、女性、市民の声を政治の世界へ届けるため、がんばります!

ぜひ個人献金をお寄せ下さい。よろしくお願いします。
① 口座名:がんばれ円より子クラブ
ゆうちょ銀行 019店 当座 760790
② 口座名:がんばれ円より子クラブ
りそな銀行 参議院支店 普通 0000946

=======================

【Facebook本人アカウント】
https://www.facebook.com/profile.php?id=100010018330180

【ツイッター】
ツイッター再開しました!ぜひフォローをよろしくお願いします。
https://twitter.com/madokayoriko

100歳まで現役で頑張ります。