私がずっと訴えている政策のひとつに、住宅政策の転換があります。

戦後ずっと持ち家政策を政府はとってきたので、住宅ローン減税など優遇策などがあります。

ところが賃貸には何の補助もなし。

人生100年とも言われる時代。
4人家族から成長して一人暮らしになり、結婚して二人、子どもが生まれて4人、その子たちが出て行って二人、そして配偶者と死別離別してひとり。

ライフサイクルに合わせた住まい、賃貸を借り換えるのがいいと国会で訴えてきました。

子育て中は広くて安い家賃になるよう、賃貸住宅に住む人に補助を出すのがこれからはいいと思っています。そうすれば、家賃の負担感が減り、子育て世代もずいぶんと楽になるはず。

 

それに、老親の持ち家の処分の苦労や、荒れ果てたまま、なんてことも減るのではないでしょうか。もちろん、新たな問題も出てはくるとは思うけど、ライフスタイルや時代の変化に合わせて、変えていくべき一つの大きな政策だと思っています。

 

「マイホーム」の夢を持っている人も多いと思うけど、それって本当に現実に即しているのでしょうか。「マイホーム幻想」、実は国の政策で作られたものかもしれません、よね?

 

 

 

↓こんな記事も参考になります(NHK解説アーカイブより)

「戦後、政府・企業・世帯の思惑が重なり合うことで、日本社会に持ち家志向が定着しました。現在、三大都市圏の持ち家率は約6割です。昭和16年には、都市部の持ち家率はわずか2割にすぎなかったのですから、大きな様変わりです。持ち家への誘導によって、政府は、直接の支出を抑えながら短期間で住宅不足を解消することができました。」

 

**************************

いつもありがとうございます。

女性と子育て世代を応援する、
世直しおばあ 円より子です。

ひとり親家庭支援、家族問題、女性の社会進出支援の草の根活動と、参議院議員3期の政治経験をもとに、女性や子どもたち、子育て世代が安心して暮らせる国をつくります!

子どもこそ未来。
戦闘機や原発よりも、子どもたちへ投資を!

 

======== お知らせ =========

☆ 朝日新聞WEB論座 2019年3月~

円より子 好評連載中

 女性政治家が見た! 聞いた! おもしろすぎる日本の政治

☆子ども、女性、市民の声を政治の世界へ届けるため、がんばります!

ぜひ個人献金をお寄せ下さい。

① 口座名:がんばれ円より子クラブ
ゆうちょ銀行 019店 当座 760790
② 口座名:がんばれ円より子クラブ
りそな銀行 参議院支店 普通 0000946

=======================

【Facebook 円より子 アカウント
お友達申請お待ちしています。

【ツイッター @madokayoriko】
ツイッター再開しました!フォローをよろしくお願いします。
https://twitter.com/madokayoriko

【メルマガ】

円より子の最新ブログやお知らせをお届けします。
メルマガ登録はこちらから

賃貸住宅補助制度で安心して暮らせる社会へ