小さい子どもを育てている真っ最中の人たちと話しました。

みんな、夫は残業や休日出勤(それが改善されてるのはまだまだ一部の大企業だけという実態)、妻はワンオペで日々の生活でいっぱいいっぱい。なのに、子どもたちのこれからの教育費の不安を抱えている。自分の奨学金の返済も終わっていないのに。

老後の心配までする余裕もない。それでも、その世代の老後には恐らく今言われてる2000万円以上の自己資金が必要だろう。

夫婦仲もよくない、という話も多く出た。そんな厳しい生活ではそうなるのもわかる。

 

 

離婚相談を30年続けてきた経験では、

多くの場合、経済状態の悪化や不安が夫婦仲にも影響する。

夫婦仲の悪さは子どもの精神へも影響していくことが多い。

 

日本の子どもたちの幸福度が低いのは学校教育などのせいだけではなく、

元をたどれば、子育て世代への国の支援が不十分だから、子育てしにくい社会だから、

とも言えるのではないか。

 

それでも彼女たちは、苦しく不安な暮らしが政治のせいだとはあまり考えないみたい。

自分たちがどうにかしなければいけないのにどうしようもない…という考えの人の多いこと。

生まれた時から政治には期待できない雰囲気で、

「政治が変われば」ということを考える余裕もない世代なのかもしれません。また、生活に追われて、本来は生活に直結する政治や選挙のことをきちんと考える余裕もない。そんな風に追いやられているとも言えます。

彼らは私の子ども世代。私達は、30代40代の子ども世代そして孫たちにそんな社会を残してしまっているのです。

 

そこを直視し、反省し、子ども・孫たちへ明るい未来と希望を受け継いでいきたい。

すでに手遅れ、と悲観して何もしないより、今すぐ何かを変えていかなければひどくなるばかりでしょう?

 

議員になったら、社会の宝である子どもを育てている世帯が安心して生きていける政策を絶対に実現しなければと改めて強く思いました。

 

 

円より子の主張、政策はぜひ下記のブログもご覧ください。

◎「未来にツケを回さない政治」へ

円より子は「未来にツケを回さない政治」を目指します!

◎「格差、分断社会を終わらせよう」

教育費・医療費・住宅費の心配のない社会へ

◎「今の社会に必要なのは「安心感」では」

今の社会に必要なのは「安心感」では

◎「賃貸住宅補助制度で安心して暮らせる社会へ」

賃貸住宅補助制度で安心して暮らせる社会へ

 

********************************

いつもありがとうございます。

女性と子育て世代を応援する、
世直しおばあ 円より子です。

ひとり親家庭支援、家族問題、女性の社会進出支援の草の根活動と、参議院議員3期の政治経験をもとに、女性や子どもたち、子育て世代が安心して暮らせる国をつくります!

子どもこそ未来。
戦闘機や原発よりも、子どもたちへ投資を!

 

======== お知らせ =========

☆ 朝日新聞WEB論座 2019年3月~

円より子 好評連載中

 女性政治家が見た! 聞いた! おもしろすぎる日本の政治

☆子ども、女性、市民の声を政治の世界へ届けるため、がんばります!

ぜひ個人献金をお寄せ下さい。

① 口座名:がんばれ円より子クラブ
ゆうちょ銀行 019店 当座 760790
② 口座名:がんばれ円より子クラブ
りそな銀行 参議院支店 普通 0000946

=======================

【Facebook 円より子 アカウント
お友達申請お待ちしています。

【ツイッター @madokayoriko】
ツイッター再開しました!フォローをよろしくお願いします。
https://twitter.com/madokayoriko

【メルマガ】

円より子の最新ブログやお知らせをお届けします。
メルマガ登録はこちらから

30代40代が苦しんでいる