デートDVやレイプなどの性暴力や、避妊の失敗による望まない妊娠を避けるために服用する緊急避妊薬について、厚生労働省の有識者検討会は10日、スマートフォンなどを使った「オンライン診療」での処方を条件付きで認めると決めました。

しかし、検討会で日本医師会など医療関係者から慎重な意見が相次ぎ、結局、服用までにさまざまな「関門」が設けられてしまいました
そもそも、検討会の委員に女性は一人という呆れる状況での決定。。。

望まない妊娠を避け、女性の身体を守る「最後のとりで」といわれる緊急避妊薬を必要としている全ての人が手に入れやすい環境には、ほど遠いのです

 

私の所属している、性と健康を考える女性専門家の会では、ずっと、中絶薬の安全性は世界では保証されており、条件などつけず、安価でスーパーで買えるべきだと訴えています。

 

中絶薬=危険情報の出所は厚労省で、個人輸入まで禁止しています。

 

WHOの必須医薬品にも指定されているミフェプリストンなど、基本的に女性自身が自宅で服用しても良いほど安全とされています。

 

もう一つのミソプロストールはほとんどの国で既に認可されており、日本ではサイトテックという商品名で販売されていますが、処方薬。

この二つを適切に組み合わせて使うことで妊娠9週までであれば、成功率は95〜98%です。

 

日本では、中絶はスティグマにまみれ、水子伝説を作って女性に罪悪感を必要以上に持たせ、金になる中絶手術を医師から手放させないようにしている?と疑いたくなる程です。

 

女性の健康と権利のために世界では、より安全な中絶はや避妊の手段が開発されています。

日本に生まれたがために、その恩恵を受けられないのおかしくありませんか?

中絶手術も、8割が掻爬といって、子宮内膜をスプーン状の道具で掻き取るので子宮に穴があく事故につながります。WHOが薬か吸引に切り替えるよう指導しているのに。

 

私たち女性は今こそ、これは人権侵害だと訴え、共に、中絶薬を条件なしに安く手に入れられるようこえをあげようではありませんか。

 自分のからだを取り戻し、未来の女性たちのためにも。

 

これは本当におおきなテーマです。以前から書こうと思ってました。

40年前、離婚講座を開いた頃は離婚も女が我慢すれば良い、女の学歴が高くなるとろくなことはないと言われました。

性について話すなどタブーでした。強姦の泣き寝入りと根は同じ。

女性が自分のからだについて知ることもタブー。

私は離婚相談に来た人に中絶が多いこと、夫が海外出張する時、コンドームを鞄に用意すると聞いてたまげました。女性のからだは男が見るもの、夫が買春するのは仕方ない、でも妊娠させないでという時代でした。

リプロダクティブヘルスとライツを掲げて闘い、女のからだは自分のものと、ピルの解禁を訴えました。最近、アメリカではまた中絶禁止法が続々と登場しています。女たちはまだまだ闘わないと。

参考:

©株式会社西日本新聞社

 

********************************

2019・7・15追記

【2019参院選全国比例区に出馬中!】
全国どこからでも投票できます。二枚目の投票用紙に「円より子」とお書きください全国比例区のこと、わたしの出馬を知らない方もとても多いです。ご家族、ご友人へも呼びかけしていただけると嬉しいです!

 

女性と子育て世代を応援する、世直しおばあ 円より子です。

ひとり親家庭支援、家族問題、女性の社会進出支援の草の根活動と、参議院議員3期の政治経験をもとに、女性や子どもたち、子育て世代が安心して暮らせる国をつくります!

子どもこそ未来。
戦闘機や原発よりも、子どもたちへ投資を!

 

======== お知らせ =========

☆ 朝日新聞WEB論座 2019年3月~

円より子 好評連載中

 女性政治家が見た! 聞いた! おもしろすぎる日本の政治

☆子ども、女性、市民の声を政治の世界へ届けるため、がんばります!

ぜひ個人献金をお寄せ下さい。

① 口座名:がんばれ円より子クラブ
ゆうちょ銀行 019店 当座 760790
② 口座名:がんばれ円より子クラブ
りそな銀行 参議院支店 普通 0000946

=======================

【Facebook 円より子 アカウント
お友達申請お待ちしています。

【ツイッター @madokayoriko】
ツイッター再開しました!フォローをよろしくお願いします。
https://twitter.com/madokayoriko

【メルマガ】

円より子の最新ブログやお知らせをお届けします。
メルマガ登録はこちらから

 

緊急避妊薬で女性の身体と権利を守ろう