2ヶ月ぶりのブログの更新となってしまいました。
ごぶさたしてしまいましたが、
みなさまお元気でお過ごしでしょうか。

この2ヶ月で、私たちをとりまく風景は
がらりと変わってしまいました。
大震災と大津波は3万人もの犠牲者を生み、
原発事故の災厄をまねき、
被災地を元気付けるべき私たちの心にまで暗い影を落としました。

3月11日以降、なんとか原発事故を早期に収束させるために、
全ネットワークを駆使して動いておりましたが、
残念ながら、安全保障会議も開かれず、
2ヶ月近く、事故対応のメッセージはひとつにまとまらず、
人々の不安をかきたてただけでした。
そして今、30㎞圏内の人々は、
いつになったら帰宅できるのかもわからず
首都圏3000万人の人々まで低レベル放射線被曝におびえる状況です。

でも、仕事と住まいを捨てて逃げることのできる人などそう多くなく、
ほとんどの人はあきらめています。
政府の無策に内心怒りながらも、
とにかく事故の早期収束に全智を傾けてほしいと願いつつ。

3月11日から1ヶ月間が勝負だと思ったので
その間の政府中枢の情報を
Madoka News 061号に書いていますので、
がんばれ円より子クラブの会員のみなさまは
ぜひお読みください。
(今週末までにお届けできる予定です)

今後も震災の復旧と原発事故の収束に
外側からではありますが、努力するつもりです。

「大震災から2ヶ月。みなさまお元気でしょうか」