6月6日、参議院本会議において、民主党など野党が共同で提出した、後期高齢者医療制度を廃止する法案が可決されました。

後期高齢者医療制度は、2年前の医療制度改革において、自民・公明が強行採決によって成立させました。私は当時、厚生労働委員会の筆頭理事として、この制度が導入されたらどのような影響が生じるのか、政府はどのような調査をしたのか質しましたが、政府側から明確な答弁はありませんでした。

その結果、負担を押し付けられた国民の怒りの声が、今回の議論を生み、大きな世論となって福田政権に打撃を与えています。政府・与党は、改めて国民の声を真摯に受け止め、衆議院において後期高齢者医療制度廃止法案を審議し、成立させるよう期待しています。

参議院、後期高齢者医療制度の廃止法案を可決