参議院財政金融委員会

本日、私が委員長を務める参議院財政金融委員会は、今年度の第2次補正予算財源確保法案(政府案)と、民主党の対案を審議し、採決を行いました。

民主党の対案は、政府が進めるバラマキ定額給付金を支給しないことを定め、その分の2兆円を政府案から削減するものです。

採決の結果、政府案は否決され、民主党の対案が可決されました。

また、銀行等保有株式取得機構による銀行の持ち合い株買い上げを再開する法案も併せて可決されました。

両法案は、明日の参議院本会議で可決される見込みです。

定額給付金分を削減・民主党の対案を可決