先日、フランス国会のユング上院議員から、日本人とフランス人カップルの間にできた子どもたちが、両親の離婚後、フランス人の親に面接することができないので何とかならないかと相談の手紙が来ました。

現在の日本の民法では、離婚後の親が、子どもに引き続き会う権利を明確に規定しておらず、特に親権を失った一方の親が子どもに会うこと、それが外国に住む外国人である場合はなおさら、子どもに会うことが難しいのが実情です。

親が離婚しても、子どもにとって親は親。愛情の面でも、経済的な面でも、両親に見守られながら育てられることが、子どもにとっては大切です。国際条約では認められている権利ですが、日本は批准しておらず、早期の法制化が望まれます。

離婚した親に会える権利を子どもたちに