第5回全国女性議員サミットinぐんま

11日、12日の週末、群馬県高崎市で開催された、「第5回全国女性議員サミットinぐんま」に参加しました。

シンポジウム「女性の政治参画を推進するために」では、民主党を代表してシンポジストとして参加。

1. 党内候補者の一定割合を女性に割り当てる「クオーター制」の導入
2. 女性の候補者を開拓し、仲間同士で切磋琢磨するための「バックアップスクール」の設置
3. 地盤・看板・鞄のない女性が経済力をつけるために、男女の賃金格差をなくすこと
4 .かつての大選挙区制で多くの女性議員が当選した経験を踏まえ、選挙制度を改革すること
5. 子どもの頃から政治について教育をする
の5点を訴えました。

また、女性議員自身が有権者に認められるためには、女性問題や福祉、環境などの分野に偏っている女性議員の所属委員会を、他の幅広い分野の委員会にも広げていくことも必要だと思います。

夜の交流会では、全国で活躍する各党の女性議員の方々から元気をいただき、二次会では、私が校長を務める「女性のためのスクール」の卒業生とともに、楽しい時間を過ごすことができました。

「全国女性議員サミットinぐんま」に参加!