◆ 現在の状況説明

1. バブル期からの一般会計歳出と一般会計税収の比較において、現状はいわゆる<ワニの口が開いている>状況にあること、その要因として、歳出における公共事業・社会保障費用の増加、税収においては、バブル崩壊による税収ダウンと減税が挙げられるとの解説

2.  公債残高の累積を踏まえた財政健全化目標について:目標を定め「基礎的財政収支(プライマリーバランス・PB)」を改善する方針の説明

 

◆ 平成27年度予算編成のポイント

① 地方創生の観点から「まちづくり・ひとづくり・しごとづくり」を推進

② 「女性が輝く社会」の実現のための子育て支援の充実や医療介護の分野の充実③ 介護報酬の引き下げ、介護保険料の上昇抑制、利用者負担の軽減

④ 国土強靭化推進、東日本大震災からの復興と福島の再生の加速化

⑤ 外交・安全保障の立て直しのための外交予算の充実と防衛力整備

◆財務省からの平成27年度予算の説明