【女性のための政治スクール22期開講(2017年4月~)】
テーマ「ガラスの天井は打ち破れるか?」
政治を変えられるのはあなた自身です。自分の力を社会と人のために役立てませんか?
◎実績◎ スクール卒業生から100人近くの議員が誕生!

円より子
校長 円より子

名誉校長 細川佳代子(元総理大臣夫人)

「女性のための政治スクール」とは

1992年にスタートした「女性のための政治スクール」(超党派)は細川護煕、小沢一郎、加藤シヅエ、緒方貞子さんらをはじめ、各界でご活躍の方に講師としておいでいただき、22年目を迎えました。

その間、国会議員6人、地方自治体議員80人以上を誕生させています。
2015年4月の選挙でも67名が立候補し、59名の当スクール受講経験者が当選しました。

毎回2人の講師を招いての講義のほか、ディベートなどもあります。また、講義終了後は会場近くでの懇親会も企画しています。

 

◎スクールの目的 (1993年開校の辞から 細川護煕(現・顧問))

政治は政治家だけがつくり、政治家だけで変えられるものではありません。国民一人一人の志が政治家を変えていくのです。その国民の半数は女性です。命を育み、平和を愛し、地球環境と共生している女性 の声が政策決定の場に十分に反映する国こそ文化的な生活者主権の国と言えるのではないでしょうか。

そのためにも、女性が政治に参画しやすい社会システムの整備(クオータ制など)を急ぐと共に、女性自身も政策能力を磨くことが必要です。この「女性のための政治スクール」がその一翼を担えるものになることを切に期待しています。

 

22期 受講のご案内 

日時 2017年4月15日(土)より10回 原則として第3土曜日(13:30~17:00)
※第2回目のみ金曜日(参議院議員会館使用のため)
主な
講師
荒このみ(東京外国語大学名誉教授)、徳川家広(徳川家第19代)、堂本暁子(元千葉県知事)、松井久子(映画監督)、三浦まり(上智大学教授)、石田久仁子(翻訳家)、各省庁官僚ほか毎回二人の講師をお呼びしての2部方式(講師は予定です)
会場  剛堂会館:千代田区紀尾井町3-27  TEL: 03(3234)7362
◆東京メトロ各線「永田町駅」、有楽町線「麹町駅」より徒歩3分
※第2回のみ参議院議員会館
定員 40名(先着順・お早めにお申込みください)
受講料 一般 7万円、スクール卒業生 4万円、学生 2万円
振込先 ゆうちょ銀行 019店 96350 女性のための政治スクール

 

22期 最新カリキュラム 『ガラスの天井は打ち破れるか?』 (2017年4月14日更新)
※各回のテーマ、講師は仮のものです。都合により変更になる可能性があります。

月/日 第1部
(13:30~15:00)
第2部
(15:15~16:45)
意見交換会
(16:45~17:00)
会場
1 2017年

4/15(土)

開講式 円より子挨拶
受講生3分間スピーチ
荒 このみ(東京外国語大学名誉教授)「『風と共に去りぬ』とヒラリー・クリントン」 意見交換会 剛堂会館
2 5/19(金) 財務省、内閣府、厚生労働省、文部科学省
「2017年度 女性、子ども施策を聞く」

懇親会(議員食堂:通常入館利用できないところです) 議員会館
3 6/17(土) 文部科学省
「教育基本法改正」
徳川 家広(徳川家第19代)
「徳川政治と現代日本政治」
意見交換会 剛堂会館
4 7/15(土) 厚生労働省
「年金と女性」
石田 久仁子(翻訳家)
「パリテとフランス政治」
意見交換会 剛堂会館
5 9/16(土) 映画上映
「不思議の国の憲法」
松井 久子(映画監督)
「映画について」
意見交換会 剛堂会館
6 10/21(土) 円 より子
「ディベートについて」
三浦 まり(上智大学教授)
「女性議員の必要性」
意見交換会 剛堂会館
7 11/18(土) 法務省
「民法」
堂本 暁子(元千葉県知事)
「災害と女性」
意見交換会 剛堂会館
8 12/16(土) 東日本大震災被災地視察 又は 防衛省見学・講義
9 2018年
1/20(土)
講師未定
「人口から見る世界の平和」
厚生労働省
「女性の労働」
意見交換会 剛堂会館
10 2/17(土) 講師未定
「世界情勢」
 閉会式 円より子挨拶
受講生1分間スピーチ
修了証書 授与
 懇親会(会場別) 剛堂会館

女性のための政治スクール 記事一覧

お申し込み・お問い合わせ
女性のための政治スクール事務局 円より子事務所内
TEL: 03-3393-0203 FAX: 03-3393-0204
E-mail: seiji-school@madoka-yoriko.jp