8月23日が何の日かみなさんご存知ですか。
8月15日は終戦の日ですが、1945年8月9日、ソ連は参戦し、8月23日スターリンが密命を出し、
満州・北朝鮮にいた日本人60万人(軍人と民間人)を東京に帰すとだましてシベリアに移送。
酷寒の地で強制労働をさせられた約6万人は凍死・餓死・病死しました。

しかし、正確な死亡情報もなく、遺骨の多くはシベリアの凍土に埋もれたまま。
国は実態解明に取り組み、若い人々にこの悲劇を伝え、二度と戦争をおこさないようにと、
2010年、私円より子は「シベリア議連」の会長として奔走し、シベリア特措法を成立させました。

今年8月23日の追悼式で自らもシベリア抑留から帰国した主宰者代表の池田幸一さんと
久しぶりにお会いしました。
「95歳だけど、特措法でつみ残した課題をやりとげたい」と。
その池田さんと共に献花する脇で、バリトン歌手・古川精一さんの熱唱「鈴懸の径」が
切なく墓苑の青空に響いていました。

201608231409
池田さんと

 

 

 

8月23日、今年も千鳥ヶ淵へ